薬剤師さんおすすめの風邪薬が私の特効薬に!

私が25歳の時のこと。風邪のひき始めで仕事に行くとお昼頃には熱、頭痛、悪寒などどんどん症状がひどくなっていきました。でも午後からは絶対に休めない仕事があったので、少しでも症状がマシになればと近くのドラックストアで風邪薬を買うことにしました。

たくさん風邪薬がある中、しかも頭もボーっとしていてどれを買ったらいいのか迷っていると、薬剤師さんが話しかけてくれました。
「風邪ですか?どう行った症状ですか?」と聞かれ「鼻水、喉の痛み、頭痛、熱っぽい、悪寒もします。」と答えると、あまりメジャーではない風邪薬を進められました。メジャーではないというのは名前は知ってしましたが、あまりしっかり風邪に効きそうでないというか、私の勝手なイメージなんですがもっと値段が高く、CMでもよくやっているような風邪薬の方が効果があると思っていて、そういったメーカーの物を買おうと思っていたので、「え?こんなんで本当にききますか?」とつい言ってしまいましたが、これがいいと勧められました。

それでも信じられない私は、「ドリンクの風邪薬も一緒に飲んだ方がいいですか?」と聞くと「風邪薬で成分が一緒なので、それならこの栄養ドリンクがいいですよ。」とまた見たことないような栄養ドリンクを勧められました。そして値段も安い、本当にこんなんでこのちょっとひどくなった風邪が治るのか?久々のけっこうひどい症状だったので半信半疑で勧められた風邪薬と栄養ドリンクを買って帰りました。

会社に戻り、さっそく薬を服用してまた仕事に向かいました。その日は仕事の後も飲み会の予定があってこのままだったらキャンセルだな、と思っていたのですが仕事が終わる頃にはすっかり気分も良くなり全て風邪の症状がよくなっていました。気持ち悪さもなく飲み会では美味しいくご飯もお酒も頂き楽しく過ごし自分がお昼まで風邪をひいていたことも忘れているぐらい元気になっていました。

あの薬剤師さんには本当に感謝しており、そして疑ったことを申し訳なく思います。そしてそれ以来その風邪薬と栄養ドリンクが私の常備薬のようになり風邪ひいたり家族が風邪をひくとこれが効くよ!と勧めています。

ドラックストアに行くとたくさんの薬やビタミン剤があり、種類が多くどれを買ったらいいのかよくわからないことが多いと思います。私が通っているドラッグストアでは、店頭で迷っていると、こっちから探さなくてもいつも薬剤師さんが来て症状を聞いてそれならこれがいいと勧めてくださいます。素人ではわからない薬の違いを説明してくれるので、安心して薬を買うことができるのでとても助かっています。

どのドラッグストアでも同じだとは言えません。また、薬剤師さんによっても対応もさまざまです。こちらから尋ねないと教えてくれない薬剤師さんもいらっしゃいます。しかし、親身に相談でき、薬のアドバイスをしてもらえる薬剤師さんを持つことは非常に大事なことだと思います。

処方せんを受け付けている調剤薬局では、2016年4月から「かかりつけ薬剤師」制度がスタートしましたが、ドラッグストアでも気軽に相談できる薬剤さんの存在が非常に重要なのではないかと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です